コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレート・トレック Great Trek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレート・トレック
Great Trek

南アフリカのケープ植民地におけるイギリス政府の政策に反発した,オランダ系移民ボーア人の大移動。アフリカーンス語では Groot Trek。 1835~40年代初めにかけ,およそ1万 2000~1万 4000人が新天地を求めて移動した。これらボーア人は「フォルトレッカーズ」 (アフリカーンス語で「初期の移民」の意味) と呼ばれ,有力なリーダーの統率のもと,親類や近隣同士で小さな部隊を編成して移動した。すべての部隊がオレンジ川を越えたが,その後まもなく分裂し,海岸線を求めてナタールに向かう者もあれば,内陸のハイベルト地方にとどまる者もあった。入植当初はアフリカ人が築いた強力な軍事王国との戦いで敗北を喫したが,やがてウマや銃,防御陣地などを駆使して次々に打ち破った。フォルトレッカーズはナタールに共和国を建設したが長くは続かず,1843年にイギリスに併合された。その後住民の大部分は,同胞が多く住むドラケンスベルク山地へと移動した。イギリスは 1852年にトランスバール地方のトランスバール共和国,1854年にはトランスオレンジア地方のオレンジ自由国の独立を承認した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グレート・トレック

1830年代半ばに南アフリカのケープ植民地(ケープ州)で始まったボーア人(アフリカーナー)の内陸大移住。同植民地は17世紀半ば以降入植したボーア人により建設されたが,1814年のウィーン会議で英領となった。
→関連項目クワズール・ナタール[州]プレトリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレート・トレック
ぐれーととれっく
Great Trek

19世紀前半、南アフリカのケープ植民地での、イギリス支配に反対したブーア人の内陸大移動。1814年のイギリスのケープ植民地化とイギリス制度の導入に反発して、34年オランダ系のブーア人は三つの偵察隊を内陸に派遣し、その報告に基づいて翌35年内陸への移動を開始した。まずトリハルトTrigardt Louis(1783―1838)らに率いられた一行が幌(ほろ)牛車で北に向かったが、リンポポ川付近でアフリカ人に殺された。ついで36年ポトヒェーターAndries Hendrik Potgieter(1792―1853)の一行が出発し、途中マリッツGerritt Maritzを隊長とするフラーフ・ライネット出身の農民も加わり、ンデベレ人と戦いながらバール川、オレンジ川の北方に定着した。ナタール(現クワズールー・ナタール州)に向かったレティーフPieter Retief(1780―1838)一行はズールー人と遭遇し全滅したが、後継者プレトリウスAndries Pretorius(1799―1853)は38年12月「血の河の戦い」でズールー人を破り、ナタールに定着しナタール共和国を建国した。しかし、イギリスは同国をケープ植民地の支配下に入れようとして42年軍隊を送り、翌年共和国は降伏した。ナタールでもイギリス支配を嫌ったブーア人が移動し、オレンジ川とバール川以北のブーア人と合流した。
 最初イギリスはこれらも支配しようとしたが、彼らおよびバスト人やンデベレ人の抵抗にあい、財政負担のかかる植民地外の支配をあきらめた。そして1852年サンド・リバー協定によってトランスバール共和国が成立し、54年ブルームフォンテーン協定によってオレンジ自由国(現・自由州)が成立した。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グレート・トレックの関連キーワードクリューガー(Stephanus Johannes Paulus Krüger)ステファヌス・ヨハネス・P. クリューガーピーターマリッツバーグブルームフォンテーンピートレティーフ南アフリカ共和国クラークスドルプナタール共和国ライデンバーグプレトリウスアフリカ探検クリューガー血の河の戦いボーア戦争ズールー族自由州シャカ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android