コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単一神教 たんいつしんきょうhenotheism

翻訳|henotheism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単一神教
たんいつしんきょう
henotheism

教,一神教と並ぶ有神論の一立場。宗教学者 M.ミュラーによる新造語で,ギリシア語の henos (1) と theos (神) とを合成したもの。ただ一神のみが存在すると考えるキリスト教イスラム教のような一神教に対し,多数神のなかから特に一柱を最高としてあがめる立場をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たんいつ‐しんきょう〔‐シンケウ〕【単一神教】

多数の神の並存を認めるが、特定の一神を主神として崇拝する宗教。また、この崇拝される神が特定神に限らず、時々変わるものを特に交替神教という。マックス=ミュラーがベーダの宗教に与えた名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんいつしんきょう【単一神教】

多神教において、特定の一神が一時的に主神の位置を占め、唯一至上の存在としてまつられる宗教現象。 M =ミュラーが古代インドのベーダの宗教に対して与えた名称。交替神教。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の単一神教の言及

【神】より

… その第1は,世界の諸宗教を多神か一神かによって整理しようとする考え方である。すなわち,主として古代国家の宗教にみられる多神教polytheism(ギリシア,ローマ,エジプト,日本),多神のうち時に応じて特定の一神を重要視する単一神教henotheismや交替神教kathenotheism(古代インドのベーダ宗教),ただ一柱の神のみを絶対視する一神教monotheism(ユダヤ教,キリスト教,イスラム教),そしていっさいの存在物に神的なものの内在を想定する汎神教(論)pantheism(仏教)という分類がそれである。その第2は,神を人格的(形態的)存在と非人格的(非形態的)存在との2種に分ける考え方である。…

※「単一神教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単一神教の関連キーワード多神教

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android