コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単利 たんりsimple interest

翻訳|simple interest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単利
たんり
simple interest

利息の1種,あるいはその計算方法で複利に対するもの。預け入れの全期間を通じて当初元本にのみ利息をつける方法。利息を貸借期間のはじめに支払う前払い単利とのちに支払う後払い単利とがある。利息=元金×利率×期間で算出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たん‐り【単利】

元金に対してだけつける利息。⇔複利

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たんり【単利 simple interest】

金利(利息)あるいはその計算法で,複利に対する考え方。単利においては,金利は満期時に1回だけ元金に繰り込まれる。つまり,金利は元金にのみつけられ,その金利(利息)に金利は付利されない。したがって,元金をP,単位期間当りの金利をr,金利の付く単位期間の数をnとすると,満期時における元利合計Sは,SP(1+nr)という式で計算される。【落合 仁司】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんり【単利】

前期間の利子を元金に加えず、元金だけを対象としてつける利子。 ⇔ 複利

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単利
たんり
simple interest

利息(金利)の計算方法の一つで、複利に対するもの。利息計算の場合、一定期間ごとに利息を元金に繰り入れ、これを新たな元金として計算する方法が複利であり、単純に期間に利率を乗じて利息を算出する方法が単利である。つまり、単利の場合は、利息=元金×利率×期間となる。[井上 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の単利の言及

【金利】より


[金利計算]
 金利計算には,現在時点の資金(元金)に対して将来時点(満期時)においていかなる額の金利を支払わねばならないかを計算する元利計算と,将来時点の資金は現在時点においていかなる額の金利を差し引いて評価されねばならないかを計算する割引計算とがある。また金利の元金への繰込みが満期時に1回だけなされるとする金利計算法を単利法,金利の元金への繰込みが単位期間ごとに(満期/単位期間)回なされるとする金利計算法を複利法と呼ぶ。単位期間としては日,月,年等が考えられ,単位期間当りの金利をそれぞれ日歩,月利,年利という。…

※「単利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単利の関連キーワードライプニッツ係数・新ホフマン係数ホフマン方式利息制限法公益質屋損害賠償複利法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単利の関連情報