コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利/鋭/疾

デジタル大辞泉の解説

と【利/鋭/疾】

形容詞「と(利)し」の語幹から》するどいこと。すばやいこと。多く「利鎌(とかま)」「利心(とごころ)」など、複合語の形で用いられる。

り【利】

利益。もうけ。「の薄い商い」「漁夫の
利子。利息。「を生む」
有利なこと。好都合であること。「地のに恵まれる」
勝ち目。勝利。「戦いあらず」

り【利】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]きく とし
学習漢字]4年
刃が鋭い。よく切れる。「利器利剣鋭利
頭の回転がはやい。さとい。かしこい。「利口利根利発
通りをよくする。「利水利尿
物事が都合よく運ぶ。好都合であること。「利害利己利点利便利用功利私利勝利水利党利不利福利便利有利
うまく事を運んで得たもの。もうけ。「利益(りえき)利子利潤利率営利元利巨利金利実利純利戦利低利薄利複利暴利
梵語の音訳字。「舎利刹利(せつり)
[名のり]かが・かず・さと・と・とおる・のり・まさ・みち・みのる・よし・より
[難読]足利(あしかが)利鎌(とがま)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かが【利】

利益。 「若し国家に-あらしめ/日本書紀 天武下訓

このしろ【利】

〔「子の代」の意〕
貸金の利息。利子。 「凡そ負債者は…-を収ること莫れ/日本書紀 持統訓

り【利】

もうけ。利益。 「 -にさとい」 「 -をはかる」
都合のよいこと。役に立つこと。 「地の-を得る」
優勢であること。 「我に-あらず」
利子。利息。 「 -を生む」
[句項目] 利が乗る 利に走る 利を食う

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の利/鋭/疾の言及

【利子】より

…経済学において利子の概念は伝統的に経済の生産過程から生み出される所得の分配と関連している。大まかにいって,資本主義経済における生産にかかわる主体として,(1)労働者,(2)土地や一部の機械設備,さらには特殊な専門知識,情報などを提供する主体,(3)資金を提供する主体,そして(4)企業の最終的所有者の四つに区分できよう。…

※「利/鋭/疾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

利/鋭/疾の関連キーワード倶利迦羅竜王・俱利迦羅竜王倶利伽羅峠・俱利伽羅峠倶利迦羅不動明王林門入(6世)大山阿夫利神社パクキョンニ準有配当保険倶利迦羅明王太祖(黎朝)刹帝利・刹利加曾利貝塚阿夫利神社軍荼利明王久保権大輔軍荼利法土井利和前田慶次漁夫の利丸毛親吉日本書紀

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android