単純ヘルペス(読み)たんじゅんへるぺす(英語表記)Herpes Simplex

  • 単純ヘルペス Herpes Simplex

翻訳|herpes simplex

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 単純ヘルペスウイルス1型、または2型の感染(初発型)か、神経節に潜んでいた同じウイルスの再活性化(再発型)によっておこります。
 病変部に水疱(すいほう)(水ぶくれ)ができるのが特徴です。のちに、ただれやかさぶたとなって治ります。
 一度感染すると、ウイルスが神経節の中に生涯潜(ひそ)み、発熱、紫外線、ストレス、疲労、性交などの刺激や免疫(めんえき)の低下によって症状を再発させます。
 口唇(こうしん)ヘルペス性器ヘルペス、ヘルペス性瘭疽(ひょうそ)、ヘルペス性口内炎(こうないえん)、角膜(かくまく)ヘルペス、カポジ水痘様発疹症(すいとうようほっしんしょう)、汎発性疱疹(はんぱつせいほうしん)、新生児ヘルペスなどは、すべて単純ヘルペスウイルスによっておこるものです。
[症状]
 初めての感染(初発型)では、感染後4~7日すると性器や顔面などにかゆみや痛みが生じ、その後水疱がたくさんできます。口腔(こうくう)内の場合は多数のびらん(ただれ)ができ、痛みます。高熱とリンパ節の腫脹(しゅちょう)(腫(は)れ)もみられます。
 再発型の場合は、口唇、口囲、性器の一部に小さな水疱がたくさんでき、破れた後にかさぶたになるものがほとんどで、それまでは痛痒(いたかゆ)い症状が続きます。
 単純ヘルペスウイルス1型は口唇を中心として顔面に再発をくり返し、単純ヘルペスウイルス2型は性器を中心として再発をくり返します。
 目の周囲にできたものが角膜におよぶと、涙が出て目が痛みます。また、アトピー性皮膚炎の人の皮膚にウイルスが感染すると、広範囲に病変が広がることがあります。これをカポジ水痘様発疹症といいます。
[検査]
 病変の組織を塗った標本に、単純ヘルペスウイルスからつくったモノクローナル抗体(こうたい)(抗原(こうげん)に特異的にむすびつく抗体。単一抗体ともいいます)を反応させ、ウイルスの型を判定します。初めての感染では抗体価の変動が重要です。
[治療]
 軽症では、抗ウイルス薬(アシクロビルやビダラビン)の外用を行ない、中等症以上では抗ウイルス薬(アシクロビル)を内服します。重症の場合は、抗ウイルス薬を点滴します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android