コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純性腸潰瘍と非特異性多発性小腸潰瘍の特徴的な症状 たんじゅんせいちょうかいようとひとくいせいたはつせいしょうちょうかいようのとくちょうてきなしょうじょう

家庭医学館の解説

たんじゅんせいちょうかいようとひとくいせいたはつせいしょうちょうかいようのとくちょうてきなしょうじょう【単純性腸潰瘍と非特異性多発性小腸潰瘍の特徴的な症状】

 腹痛、下血(げけつ)、それにともなう貧血という共通の症状以外に、それぞれつぎのような症状がみられます。
■単純性腸潰瘍
 発熱や下痢(げり)がみられることがあり、約50%の患者さんの右下腹部に痛みをともなうかたいしこりを触れます。
■非特異性多発性小腸潰瘍
 多発した潰瘍で小腸からのたんぱく質吸収が不十分になるため、血液中のたんぱく質が減少し、その結果、むくみが出たりします。
 思春期前の人では発育障害をおこすこともあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

単純性腸潰瘍と非特異性多発性小腸潰瘍の特徴的な症状の関連キーワード単純性腸潰瘍/非特異性多発性小腸潰瘍

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android