コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卞之琳 べんしりん Bian Zhi-lin

2件 の用語解説(卞之琳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卞之琳
べんしりん
Bian Zhi-lin

[生]宣統2(1910).12.8. 江蘇,海門
[没]2000.12.2. 北京
中国の詩人,作家,翻訳家。北京大学在学中に第1詩集『三秋草』 (1933) ,『魚目集』 (1935) を出版。イギリスロマン派フランス象徴主義の影響を受け,作風は難解。のち昆明の西南連合大学,北京大学などを経て,中国社会科学院外国文学研究所研究員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卞之琳
べんしりん / ピェンチーリン
(1910―2000)

中国の詩人。江蘇(こうそ/チヤンスー)省海門県出身。1929年上海(シャンハイ)の浦東中学を終え、北京(ペキン)大学英文科に入学、33年卒業。『水星』主編。抗日戦争中、四川(しせん/スーチョワン)大学講師を経て、延安(えんあん/イエンアン)の魯迅(ろじん)芸術学院講師。昆明(こんめい/クンミン)の西南連合大学助教授。戦後、天津(てんしん/ティエンチン)の南開大学教授。47年オックスフォード大学に留学。49年帰国、北京大学教授。78年中国社会科学院外国文学研究所研究員。その詩はモダニズムに属し、感覚的、心象的で、極端に圧縮したことばの配列によってさまざまな情緒を表現しようとした。文章は難解である。詩集に『三秋集』(1933)、『魚目(ぎょもく)集』(1935)、『慰労信集』(1940)など。エッセーに『人と詩』(1984)、翻訳にジッドの『狭き門』(1943)などがある。[秋吉久紀夫]
『秋吉久紀夫訳編『卞之琳詩集』(1992・土曜美術社出版販売) ▽秋吉久紀夫訳編『精選中国現代詩集――変貌する黄色の大地』(1994・土曜美術社出版販売)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卞之琳の関連キーワード2代田辺竹雲斎三木表悦事八日宣統帝八八あいびき/江戸の女たち桜江〈町〉江洲梁夢廻

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone