印章学(読み)いんしょうがく(英語表記)sigillography

翻訳|sigillography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印章学
いんしょうがく
sigillography

印章を研究する学問。印章使用の最古の記録は,メソポタミアでは前 5000年頃,中国では前 13世紀,日本では7世紀頃にさかのぼり,以来,洋の東西を問わず,文書の真正性の保証,重要文書物件の封印,認可の証明など印章の果した役割は大きい。このため,印章の研究は,文書や物件の年代と真偽を明らかにするとともに,そのデザインの研究によって,家系,風俗,武具,建築様式をはじめ広い分野における歴史考証に貴重な資料を提供している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android