コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印章学 いんしょうがくsigillography

翻訳|sigillography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印章学
いんしょうがく
sigillography

印章を研究する学問。印章使用の最古の記録は,メソポタミアでは前 5000年頃,中国では前 13世紀,日本では7世紀頃にさかのぼり,以来,洋の東西を問わず,文書の真正性の保証,重要文書物件の封印,認可の証明など印章の果した役割は大きい。このため,印章の研究は,文書や物件の年代と真偽を明らかにするとともに,そのデザインの研究によって,家系,風俗,武具,建築様式をはじめ広い分野における歴史考証に貴重な資料を提供している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

印章学の関連キーワード富取益斎考古学歴史学

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android