危ない橋を渡る(読み)アブナイハシヲワタル

  • 危(あぶ)ない橋(はし)を渡(わた)・る

大辞林 第三版の解説

危険を覚悟で物事を行う。 今までに何度も-・ってきた

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ことわざを知る辞典の解説

危険な行き方をする。危険な手段を用いる。危険すれすれのことを行う。

[使用例] あにはからんや師匠のせがれ、かのおんなとは我が家へ来ぬ前より、わしゃなんぼでも離れはせずさるお屋敷に御奉公と師匠が入れ智恵に、あぶない橋を渡ること一通りの代物にあらず[斎藤緑雨*売花翁|1893]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

危ない橋を渡るの関連情報