一通り(読み)ヒトトオリ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐とおり〔‐とほり〕【一通り】

一つの種類。一つの組合わせ。「治療法は一通りしかない」
物事の程度が普通であること。尋常。「あの苦しさは一通りではなかった」
一応、全体にわたっていること。副詞的にも用いる。あらまし。ひとわたり。「一通りの知識はある」「用具は一通りそろっている」
一度に通りすぎること。
「秋の急雨(しぐれ)―して」〈太平記三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひととおり【一通り】

はじめから終わりまでざっと。ひとわたり。ひとあたり。あらまし。大体。副詞的にも用いる。 「 -説明しておく」 「 -目を通す」 「 -のことは知っている」
普通であること。世間並み。一応。 「 -の教育はうけさせたつもりだ」 「その苦心は-でなかった」 「道具は-そろっている」
一つの方法。 「やり方は-だけではない」
一度通ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一通りの関連情報