コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代物 シロモノ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐もの【代物】

売買する品物。商品。
人や物を、価値を認めたり、あるいは卑しめたり皮肉ったりするなど、評価をまじえていう語。「めったにない代物」「とんだ代物をつかまされた」「あれで懲りないなんて、大した代物だ」
《売り物になる意から》遊女。また、年ごろの美しい娘。
「ときに、ここにゃあ―はなしかの」〈滑・膝栗毛・二〉
売り買いしたときの代金。転じて、金銭。だいもつ。
「なに―のことか。面目ないが、懐中にはび一銭おりない」〈黄・見徳一炊夢〉

だい‐ぶつ【代物】

代わりの品物代品

だい‐もつ【代物】

かわりの品物。
品物の代金。代価。転じて、金銭。
「道具の―はいただきましたが」〈滑・膝栗毛・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろもの【代物】

売買する品物。商品。
価値あるもの。 「世界に二つとない-」 「三千万円もする-」
物または人。低く評価したり、卑しみや皮肉を込めていうことが多い。 「とんでもない-をつかまされた」 「えらい-が舞い込んだ」
物を売買した代金。転じて、金銭のこと。 「いやなに-の事か。面目ないが、懐中にはびた一銭おりない/黄表紙・見徳一炊夢」
遊女のこと。 「 -と見えてさじきに目立也/柳多留 12
〔売り物になるものの意から〕 年頃の美しい女性。 「美麗うつくしい-と引付合ひつつけあつて死んでゐるのは/西洋道中膝栗毛 魯文

だいぶつ【代物】

代わりの物。代品。代用品。

だいもつ【代物】

代金。代価。ぜに。 「 -はいかほどでござる/狂言・張蛸」
代わりとなる物。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の代物の言及

【御倉】より

…諸方よりの献上品と思われるこれらの品は,返礼用として利用されるばかりでなく,仏事などの費用として売却されることもあった。これが代物と呼ばれるもので,これも御倉が管理するものであった。幕府と御倉との交渉は文書で行われる。…

※「代物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

代物の関連キーワード刳い・蘞い・醶いジョードロッパー不可分債権・債務代物弁済の予約伏見屋四郎兵衛寄越す・遣す原価主義評価仮登記担保北条氏政譲渡所得長崎会所任意債権土地債務久生十蘭抵当直流船木田荘担保物権暴利行為富田常雄手が出る

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

代物の関連情報