コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危険な脳卒中 きけんなのうそっちゅう

1件 の用語解説(危険な脳卒中の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きけんなのうそっちゅう【危険な脳卒中】

 脳卒中の発作(ほっさ)後、つぎのような状態がみられるときは、生命が危険なときです。一刻も早く病人を医師の手に渡すことが必要ですが、医師が手当をしても、生命を救えないこともあります。
①倒れてから1時間以内に意識がなくなった。
②発作をおこしたものの、しばらくして回復したが、その後、意識状態が悪化し、2~3日後に意識がなくなった。
③興奮して暴れた後、意識がなくなった。
④激しい嘔吐(おうと)、頭痛、めまいがあって、しだいに意識がうすれ、昏睡(こんすい)におちいった。
⑤呼吸が不安定で、不規則になったり、呼吸数が増えたりする。
⑥発作時に、肺炎、胃・十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)などを合併している。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

危険な脳卒中の関連キーワード中風発作嗣君卒中必殺発作的紅葉のような手頬っぺtPAとSCU脳卒中と寝たきり

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone