即物的(読み)ソクブツテキ

デジタル大辞泉の解説

そくぶつ‐てき【即物的】

[形動]
主観を排して、実際の事物に即して考えたり、行ったりするさま。「きわめて即物的な表現」
物質的なことや金銭的なことを優先して考えるさま。「即物的生き方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そくぶつてき【即物的】

( 形動 )
物に即して考えるさま。主観を交えないで、事物そのものの本質を見きわめようとする態度。ザッハリッヒ。 「 -描写」
物質的なものや金銭・利害などを重視するさま。 「 -な人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そくぶつ‐てき【即物的】

〘形動〙
① 頭の中で考えるのでなく、実際の物にして考えたり、したりするさま。
※「細雪」の世界(1949)〈浅見淵〉「この長篇が稍々(やや)趣味的である上に即物的で、尠(すこ)し象徴味が不足しているように看取される」
② 物質的なものを中として考えるさま。また、利害関係を先にして考えるさま。
※失われた青春(1946)〈竹山道雄〉「彼女は育ったのがいわゆる即物的な時代だったからでしょう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即物的の関連情報