コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即物的 ソクブツテキ

デジタル大辞泉の解説

そくぶつ‐てき【即物的】

[形動]
主観を排して、実際の事物に即して考えたり、行ったりするさま。「きわめて即物的な表現」
物質的なことや金銭的なことを優先して考えるさま。「即物的生き方

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そくぶつてき【即物的】

( 形動 )
物に即して考えるさま。主観を交えないで、事物そのものの本質を見きわめようとする態度。ザッハリッヒ。 「 -描写」
物質的なものや金銭・利害などを重視するさま。 「 -な人」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

即物的の関連キーワードウィリアムズ(William Carlos Williams)ウェストン(Edward Weston、写真家)ファース(John Rupert Firth)タルデュー(Jean Tardieu)アダムズ(Ansel Adams)ヘンドリック・ペトルス ベルラーヘミヒャエル・コールハースルートヴィヒ レン歌よみに与ふる書ヘミングウェーレディ・メードぼくの伯父さんアメリカ一三州ペリパトス学派ディキンソンフォースターポップアート自然主義演劇ザッハリッヒマルテの手記

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即物的の関連情報