コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵巣内膜症性嚢胞(卵巣チョコレート嚢胞) らんそうないまくしょうせいのうほうらんそうちょこれーとのうほう Endometrial Cyst of the Ovary(Chocolate Cyst)

1件 の用語解説(卵巣内膜症性嚢胞(卵巣チョコレート嚢胞)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

らんそうないまくしょうせいのうほうらんそうちょこれーとのうほう【卵巣内膜症性嚢胞(卵巣チョコレート嚢胞) Endometrial Cyst of the Ovary(Chocolate Cyst)】

[どんな病気か]
 卵巣に、子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)(「子宮内膜症」)と同様の子宮内膜組織が発生して、月経と同様の出血をおこし、血液が卵巣にたまって、嚢胞となったものです。
 その内容物がチョコレートのようにみえることから、卵巣チョコレート嚢胞とも呼ばれています。
 近年、増加の傾向にあり、食事の欧米化や、生涯妊娠および分娩(ぶんべん)回数の減少が、原因の1つと考えられています。
[症状]
 子宮内膜症と同じように、月経痛、月経時の頻尿(ひんにょう)、排便痛、腰痛などが現われ、さらに性交痛もよくみられる症状です。しかし、なかには、これらの症状のまったくない人もいます。
 また、不妊症の原因となる場合もあります。
[治療]
 子宮内膜症と同様に、手術療法ホルモン療法、あるいはこの2つの併用療法が行なわれます。
 嚢胞が大きい場合には手術が必要で、多くは併用療法が用いられます。
 近年、腹腔鏡下(ふくくうきょうか)での手術も行なわれており、また、腟からの超音波エコー下で、嚢胞内へアルコールを注入する方法なども試みられています。
 病変が卵巣内に限られている場合は、病変部を摘出すれば予後は良好です。
 ただし、病変が広い範囲に広がっている場合は、下腹部痛や下腹部不快感などがなかなか消失しませんので、これらの症状が現われたら、早めに婦人科を受診することが必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

卵巣内膜症性嚢胞(卵巣チョコレート嚢胞)の関連キーワード着床月経困難症子宮内膜炎子宮内膜症子宮内膜子宮内膜癌子宮付属器炎子宮内膜異常子宮内膜がん子宮内膜炎 (endometritis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone