コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵巣囊腫 らんそうのうしゅovarian cystoma

世界大百科事典 第2版の解説

らんそうのうしゅ【卵巣囊腫 ovarian cystoma】

良性の卵巣腫瘍の一つで,卵巣の表面をおおっている上皮(表層上皮)が腫瘍化し,腫瘍を切り割ったとき,割面に充実部がなく,囊胞性で,その中に,水様またはゼラチン様,あるいは古くなった血液がたまった囊胞性腫瘍をいう。卵巣腫瘍の約2/3を占め,30~40歳代に好発する。囊腫の壁は灰白色,平滑であるが,一部,腫瘍細胞が乳頭状に増殖し,良・悪性境界領域の腫瘍(境界悪性腫瘍borderline tumor)や腺癌になることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の卵巣囊腫の言及

【腹痛】より

…また下痢になることはまれで,かえって便秘に傾くことが多い。虫垂炎
[卵巣囊腫の捻転,子宮外妊娠の破裂]
 卵巣囊腫の捻転は,突然に出現する下腹部痛で始まり,実際には虫垂炎とよく似た症状であるから,女性の場合,虫垂炎が疑われるときは必ず考慮しておかねばならない。一方,子宮外妊娠の破裂は,突発する下腹部の激痛とともにショック症状,貧血症状が著しく,性器出血などがある。…

※「卵巣囊腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卵巣囊腫の関連情報