コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原久胤 はら ひさたね

美術人名辞典の解説

原久胤

国学者。通称新(真)左衛門。号契月・桂月・五十槻舎。相模大槻の人。本居春庭入門のち清原雄風・富樫広蔭門。『五十槻掻葉』の著書がある。詠歌にも長ず。弘化元年(1844)歿、53才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原久胤 はら-ひさたね

1792-1844 江戸時代後期の国学者,歌人。
寛政4年生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)の出身で,江戸にすむ。本居春庭(もとおり-はるにわ)に国学を,清原雄風(おかぜ)門下の小川伴鹿に和歌をまなぶ。天保(てんぽう)15年9月19日死去。53歳。通称は新左衛門,和輔。号は契月,五十槻舎(いつきのや)。著作に「音韻仮名」,歌集に「五十槻掻葉集(かきばしゅう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原久胤の関連キーワード国学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android