原勝胤(読み)はら かつたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原勝胤 はら-かつたね

?-1600 織豊時代の武将。
織田信長につかえ,越前(えちぜん)(福井県)勝山城主となる。2万石。天正(てんしょう)11年(1583)賤ケ岳(しずがたけ)の戦いでは柴田勝家に属し先鋒(せんぽう)をつとめた。のち豊臣秀吉にしたがい,慶長3年美濃(みの)(岐阜県)太田山城主。関ケ原の戦い西軍に属し,敗戦により慶長5年10月13日自殺。通称は彦二郎。名は別に長頼,房親など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android