コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原勝胤 はら かつたね

1件 の用語解説(原勝胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原勝胤 はら-かつたね

?-1600 織豊時代の武将。
織田信長につかえ,越前(えちぜん)(福井県)勝山城主となる。2万石。天正(てんしょう)11年(1583)賤ケ岳(しずがたけ)の戦いでは柴田勝家に属し先鋒(せんぽう)をつとめた。のち豊臣秀吉にしたがい,慶長3年美濃(みの)(岐阜県)太田山城主。関ケ原の戦いで西軍に属し,敗戦により慶長5年10月13日自殺。通称は彦二郎。名は別に長頼,房親など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

原勝胤の関連キーワード織豊時代池田泰長織田勝長織田信清織田信次織田信広織田信安神戸具盛斯波義銀平手汎秀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone