コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力損害賠償支援機構法 ゲンシリョクソンガイバイショウシエンキコウホウ

デジタル大辞泉の解説

げんしりょくそんがいばいしょうしえんきこう‐ほう〔ゲンシリヨクソンガイバイシヤウシヱンキコウハフ〕【原子力損害賠償支援機構法】

原子力損害賠償支援機構の設立・運営・業務などについて定めた法律。平成23年(2011)8月施行。廃炉放射性物質を含む汚染水の処理などを、国が支援・監視し、着実に進めるため、平成26年(2014)に一部改正され、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法改題
[補説]平成23年(2011)3月に発生した東京電力福島原子力発電所事故の被害者に損害賠償を行う東京電力を支援する枠組みを整備するために制定された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

原子力損害賠償支援機構法の関連キーワード原子力損害賠償・廃炉等支援機構原子力損害賠償廃炉等支援機構法原子力損害賠償補説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android