コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原忠順 はら ただゆき

1件 の用語解説(原忠順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原忠順 はら-ただゆき

1834-1894 幕末-明治時代の武士,政治家。
天保(てんぽう)5年8月21日生まれ。肥前鹿島(かしま)藩(佐賀県)藩士。藩命で江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。藩主鍋島直彬(なべしま-なおよし)の側近として藩論を尊王にまとめた。明治5年アメリカに留学し「米政撮要」をあらわす。のち沖縄県大書記官,貴族院議員。明治27年10月28日死去。61歳。通称は弥太右衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の原忠順の言及

【鍋島直彬】より

…幕末期の肥前国鹿島藩藩主,のち初代沖縄県令。1848年(嘉永1)に家督を継ぎ,家老に原忠順を起用して藩政改革を行う。尊攘論に共鳴し,68年(明治1)の戊辰戦争には北陸道の先鋒を担う。…

※「原忠順」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

原忠順の関連キーワード日清戦争レースラーリーケの原理日清戦争ロシア映画葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone