原油回収率(読み)げんゆかいしゅうりつ(英語表記)oil recovery ratio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原油回収率
げんゆかいしゅうりつ
oil recovery ratio

地下に存在している油量 (原始埋蔵量) に対して実際に地上に採り出されうる油量 (可採鉱量) の割合。通常%で表す。油層から油を回収する際,坑井への油の流入を自然のエネルギーのみに頼る1次回収 (自噴ガスリフト採油ポンプ採油) の段階では,回収率は5~10%にすぎない。そこで回収率を上げるために,油層内に人為的な力を加えて回収する2次回収法 (ガス圧入法水攻法) を用いると 30%ぐらいまで伸びる。さらに,回収率を増進するために,自然の排油機構と異なる回収技術をとる3次回収法 (化学攻法,熱工学攻法) を用いる場合もあるが,コストがかかりすぎるため,石油価格が低い場合には,ほとんど行なわれていない。日本の油田の回収率は,規模が小さいことや採掘コストが高いために,10%程度しかない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android