コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原爆症認定制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原爆症認定制度

原爆の放射線により医療が必要になったと厚労相が認めた場合、栄養補給薬代として月額13万6480円の医療特別手当が支給される。2008年に審査の方針が見直され、爆心地から3・5キロ以内などで被爆した場合、がんや白血病心筋梗塞(こうそく)などの病気を積極的に認定することになった。13年3月末までに認められたのは8552人。10年12月から厚労省検討会がさらなる見直しを議論している。

(2013-08-06 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

原爆症認定制度の関連キーワード原爆

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原爆症認定制度の関連情報