コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田七郎 はらだ しちろう

1件 の用語解説(原田七郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田七郎 はらだ-しちろう

1806-1866 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化3年5月5日生まれ。豊前(ぶぜん)田川郡(福岡県)若松八幡宮の神職。天保(てんぽう)9年郷里をでて諸国を遍歴し,月照らと親交をむすんだ。文久3年(1863)花山院家理(かざんいん-いえのり)を擁して九州での挙兵を計画するが,高橋清臣(きよおみ)とともに大坂で捕らえられる。日田(ひた)へ護送の途中,慶応2年3月13日伊予(いよ)沖で投身自殺。61歳。名は重方(しげまさ)。
【格言など】ふふめりし片山さとの桜花雲居に匂ふ時をこそまて(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

原田七郎の関連キーワード尊攘伊藤惣兵衛勝野森之介上岡胆治川勝寛治川瀬太宰河村文庵佐久間勝信三間半二有仁

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone