コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田七郎 はらだ しちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田七郎 はらだ-しちろう

1806-1866 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化3年5月5日生まれ。豊前(ぶぜん)田川郡(福岡県)若松八幡宮の神職。天保(てんぽう)9年郷里をでて諸国を遍歴し,月照らと親交をむすんだ。文久3年(1863)花山院家理(かざんいん-いえのり)を擁して九州での挙兵を計画するが,高橋清臣(きよおみ)とともに大坂で捕らえられる。日田(ひた)へ護送の途中,慶応2年3月13日伊予(いよ)沖で投身自殺。61歳。名は重方(しげまさ)。
【格言など】ふふめりし片山さとの桜花雲居に匂ふ時をこそまて(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原田七郎の関連キーワード高橋清臣原田重方

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android