コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋清臣 たかはし きよおみ

1件 の用語解説(高橋清臣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋清臣 たかはし-きよおみ

1809-1866 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化6年生まれ。豊前(ぶぜん)下毛(しもげ)郡(大分県)の神職高橋出雲(いずも)の跡をつぐ。慶応2年花山院家理(かざんいん-いえのり)を擁して倒幕のための挙兵を計画したが大坂で捕らえられ,同年3月13日護送の途中原田七郎とともに伊予灘で投身自殺した。58歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。本姓は穴井。幼名は采女。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋清臣の関連キーワード英学大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]井上清直竹川竹斎戸田忠至ロッシュ池内蔵太

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone