コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋清臣 たかはし きよおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋清臣 たかはし-きよおみ

1809-1866 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化6年生まれ。豊前(ぶぜん)下毛(しもげ)郡(大分県)の神職高橋出雲(いずも)の跡をつぐ。慶応2年花山院家理(かざんいん-いえのり)を擁して倒幕のための挙兵を計画したが大坂で捕らえられ,同年3月13日護送の途中原田七郎とともに伊予灘で投身自殺した。58歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。本姓は穴井。幼名は采女。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋清臣の関連キーワード佐田五郎作太田開尊攘

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android