コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厭求 えんぐ

1件 の用語解説(厭求の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

厭求 えんぐ

1634-1715 江戸時代前期-中期の僧。
寛永11年生まれ。江戸の浄土宗霊巌寺で珂山(かざん)から法をうける。明暦の大火後江戸をはなれ,万治(まんじ)2年から9年間摂津有馬(兵庫県)極楽寺の住職をつとめる。のち出羽(でわ),出雲(いずも),安芸(あき)などで布教し,おおくの寺を再興した。正徳(しょうとく)5年6月11日死去。82歳。京都出身。号は真蓮社広誉心阿。著作に「念仏安心」「徒然(つれづれ)要草」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

厭求の関連キーワード常行狩野梅雲北村忠兵衛左近伊兵衛高丘季起蝶左坊服部常春深尾訒亭保科正賢細川利昌

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厭求の関連情報