コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒然 ツレヅレ

デジタル大辞泉の解説

つれ‐づれ【徒然】

《「連(つ)れ連(づ)れ」の意》
[名・形動]
することがなくて退屈なこと。また、そのさま。手持ちぶさた。「読書をして病床の徒然をまぎらわす」
「―な舟の中は人々の雑談で持切った」〈藤村破戒
つくづくと物思いにふけること。
「―も慰めがたう、心細さまさりてなむ」〈・賢木〉
しんみりとして寂しいこと。また、そのさま。
「いと―に人目も見えぬ所なれば」〈・東屋〉
[副]
長々と。そのままずっと。
「―と降り暮らして、しめやかなる宵の雨に」〈帚木
しんみりと寂しいさま。
「―とこもり居りけり」〈伊勢・四五〉
よくよく。つくづく。
「言ふ顔―うちながめ」〈浄・手習鑑

と‐ぜん【徒然】

[名・形動]何もすることがなく、手持ちぶさたなこと。また、そのさま。つれづれ。無聊(ぶりょう)。
「―の日を退屈そうに暮らしている」〈漱石虞美人草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つれづれ【徒然】

〔「連れ連れ」で、長く続くさま、思い続けるさまをいう〕
[0] ( 名 )
何もすることがなくて退屈であること。所在ないこと。手持ちぶさた。 「老後の-を慰める」 「 -わぶる人はいかなる心ならん/徒然 75
( 形動ナリ )
するべきことがなくて所在ないさま。退屈。無聊ぶりよう。 「 -なるままに、日暮し硯に向かひて/徒然
何事も起こらずさびしいさま。静寂。 「いと-に、人目も見えぬ所なれば/源氏 東屋
( 副 )
(多く「と」を伴って)
その状態でずっと。 「まどひ来たりけれど、死にければ、-と籠り居りけり/伊勢 45
つくづく。つらつら。 「顔を-眺むれば、梅川いとど胸づはらしく/浄瑠璃・冥途の飛脚

とぜん【徒然】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
なすこともなく退屈なこと。ものさびしくしていること。また、そのさま。てもちぶさた。つれづれ。 「 -なもので御座いますから/良人の自白 尚江」 「 -に皆堪へかねて/太平記 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徒然の関連キーワード思うところ無し打ちおぼめく希有にして見ぬ世の人実に実にし時に取りて召し出だす引き認む信を致す行き別る無常の敵縁を離る此の頃様押し取る間を配る御国譲り足を空に一生精進由無し言現し心

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徒然の関連情報