コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳可均 げんかきんYan Ke-jun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厳可均
げんかきん
Yan Ke-jun

[生]乾隆27(1762)
[没]道光23(1843)
中国,清の学者。浙江省烏程の人。字,景文。号,鉄橋。嘉慶5 (1800) 年挙人に及第し,建徳県教諭となったが,病気のため辞任。『説文解字』の研究家として名があり,『説文校議』『説文声類』などの編著がある。また『全上古三代秦漢三国六朝文』を編集。詩文集『鉄橋漫稿』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の厳可均の言及

【全上古三代秦漢三国六朝文】より

…中国,清の嘉慶年間(1796‐1820)の学者厳可均(げんかきん)が編んだ中国の上古から隋末に至る文の全集。全746巻。…

※「厳可均」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

厳可均の関連キーワード嘉慶

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android