コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双葉断層 フタバダンソウ

2件 の用語解説(双葉断層の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふたば‐だんそう【双葉断層】

東北地方の阿武隈(あぶくま)高地の東側で、南北方向に全長約40キロメートルにわたって走る活断層。主に左横ずれを生じる。平均活動間隔は約8000年から1万2000年。全体が活動した場合、マグニチュード6.8から7.5程度の大地震が発生すると考えられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双葉断層
ふたばだんそう

中・古生層を基盤岩類とする、東北地方の阿武隈(あぶくま)高地(阿武隈山地)を北北西―南南東方向に走り、海岸沿いのおもに新第三系を中心とする丘陵地帯との境界をなす全長100キロメートル余りの断層群の総称。双葉破砕帯ともよばれる。断層の中央部では、西側の阿武隈山地側を隆起させるほぼ垂直な断層であるが、北部、南部においては分岐し、その変位はやや複雑である。基盤岩類の中生代白亜紀花崗(かこう)岩中には、白亜紀の左横ずれ運動を示すマイロナイトが存在する。また、基盤岩類および新第三系中には、この断層沿いに50~100メートルの断層破砕帯が認められる。[伊藤谷生・村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双葉断層の関連キーワード阿武隈川阿武隈高地阿武隈山地あぶくま洞三春阿武隈型変成相系列二本松[市]宮城県岩沼市阿武隈滝根〈町〉阿武隈ライン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双葉断層の関連情報