コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双蝶蝶曲輪日記 ふたつちょうちょうくるわにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双蝶蝶曲輪日記
ふたつちょうちょうくるわにっき

浄瑠璃。世話物。9段。2世竹田出雲三好松洛並木千柳 (→並木宗輔 ) 合作。寛延2 (1749) 年大坂竹本座初演。先行作近松門左衛門の『山崎与次兵衛寿 (ねびき) の門松』および西沢一風・田中千柳合作『昔米万石通 (むかしごめまんごくどおし) 』によるところが多い。相撲取り濡髪長五郎放駒長吉の達引 (たてひき) を中心として描く。義理と情を描く6段「橋本」,引窓という舞台技巧を生かして継子と実子,姑と嫁,義理の兄弟などの間に起る善意ゆえの葛藤を描く8段「引窓」が傑出する。歌舞伎でも上演。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふたつちょうちょうくるわにっき【双蝶蝶曲輪日記】

人形浄瑠璃。世話物。竹田出雲ほか合作。1749年初演。近松門左衛門の「山崎与次兵衛寿ねびきの門松」の吾妻・与次兵衛の話に、力士濡髪長五郎と放駒長吉の立て引きと和解とをからませて展開したもの。「角力すもう場」「引き窓」がしばしば上演される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

双蝶蝶曲輪日記の関連キーワード引き窓・引窓人形浄瑠璃立て引き双蝶々浄瑠璃和事

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android