コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反対解釈 はんたいかいしゃくargumentum e contrario

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反対解釈
はんたいかいしゃく
argumentum e contrario

ある法規の対象となっている事項とは別の類似の事項について,その規とは反対の推論をすること。自動車の通行禁止という法規から,自転車の通行は禁止されていないと推論するのがその例。類推解釈に対するもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はんたい‐かいしゃく【反対解釈】

ある事項について法律の規定があるとき、それ以外の事項については、その規定は適用されないと解釈すること。例えば車馬の通行を禁止するという規定で、人は通行してもよいと解釈する場合など。⇔類推解釈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんたいかいしゃく【反対解釈】

法の解釈において、法文中に規定されている事項以外の事項については、その法文の意味と反対の意味を引き出して解釈すること。車馬の通行を禁止するという法文に対して、人は通行してもよいと解釈するのがその例。 ↔ 類推解釈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反対解釈
はんたいかいしゃく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の反対解釈の言及

【法の解釈】より

…縮小解釈の例としては,たとえば民法177条の〈不動産ニ関スル物権ノ得喪及ヒ変更ハ登記法ノ定ムル所ニ従ヒ其登記ヲ為スニ非サレハ之ヲ以テ第三者ニ対抗スルコトヲ得ス〉という規定の〈第三者〉は,登記制度全体の趣旨を考慮してすべての第三者を意味するのではなく,〈登記のないことを主張するについての正当な利益を有する第三者〉に限定して解釈する場合などがある。(3)文理解釈や体系的解釈とは異なるものとして類推解釈と反対解釈がある。類推解釈は,ある事案に適用すべき法文が解釈によって得られない場合に,その事案と類似した事案について規定した法文を〈適用〉することである。…

※「反対解釈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反対解釈の関連キーワード不可抗力法解釈学法文強迫

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反対解釈の関連情報