反射代名詞(読み)はんしゃだいめいし

精選版 日本国語大辞典「反射代名詞」の解説

はんしゃ‐だいめいし【反射代名詞】

〘名〙 自称、対称、他称の別に関係なく「彼(私・あなた)は自分(おのれ)の愚かさに気付いた」の「自分」「おのれ」などのように、動作が動作主自身にかえることを表わす代名詞。反照代名詞。反射指示代名詞。反射。→再帰代名詞

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android