コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドレ

デジタル大辞泉の解説

おどれ【己】

[代]《「おのれ」の音変化》二人称人代名詞。相手をののしっていう語。きさま。うぬ。
「―はろくなことをしくさらん」〈黒島二銭銅貨

おの【己】

[代]
反射代名詞。自分自身。自分。
一人称人代名詞。わたし。
二人称の人代名詞。相手をさげすんでいう。おまえ。
「―、のちに会はざらんやは」〈宇治拾遺・九〉
[補説]通常、格助詞「が」を伴って用いる。→己(おの)が

おの‐れ【己】

《「れ」は「われ」「たれ」などの「れ」と同じもの》
[代]
反射代名詞。その人、またはそのもの自身。自分。自分自身。「を省みる」
二人称人代名詞。目下に対して、または相手をののしっていう。おまえ。きさま。「には関係ないことだ」
一人称の人代名詞。わたくし。卑下して用いるとが多い。
「風をいたみ岩打つ波の―のみくだけてものを思ふ頃かな」〈詞花・恋上〉
[副]自分自身で。ひとりでに。
「松の木の―起きかへりて」〈・末摘花〉
[感]激して発する語。やい。ちきしょう。「、逃がしてなるものか」

おら【己】

[代]一人称の人代名詞。おれ。おいら。近世には、江戸町人の女性も用いた。

き【己】

十干(じっかん)の第六。つちのと。

き【己】[漢字項目]

こ【己】[漢字項目]

[音](呉) (漢) [訓]おのれ つちのと
学習漢字]6年
〈コ〉おのれ。自分。「一己自己利己
〈キ〉おのれ。「克己知己
[名のり]おと・な・み

つち‐の‐と【己】

《「土の弟(と)」の意》十干の6番目。き。

な【己/×汝】

[代]
一人称の人代名詞。わたくし。自分。
「常世辺(とこよへ)に住むべきものを剣大刀―が心からおそやこの君」〈・一七四一〉
二人称の人代名詞。あなた。おまえ。なんじ。
「千鳥鳴く佐保の川門(かはと)の瀬を広み打橋渡す―が来と思へば」〈・五二八〉
[補説]もと一人称であったものが、二人称に転用されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うら【己】

( 代 )
一人称。主として下賤の者が用いる。おれ。おのれ。 「 -が親方の背戸ぐちに/滑稽本・膝栗毛

おどれ【己】

( 代 )
〔「おのれ」の転〕
二人称。相手をののしっていう語。うぬ。きさま。 「 -は又、人売りの請けでな/浮世草子・胸算用 4

おの【己】

( 代 )
反照代名詞。その人またはそのもの自身をさす語。 「罪もなき人をうけへば忘れ草-が上にぞ生ふといふなる/伊勢 31
一人称。わたくし。われ。 「まだ幼くて-がもとに渡り給ひにしかば/落窪 3」 〔「おのが」の形か、あるいは「おのおの」「おのづま」など複合語としてのみ用いられる〕

おのれ【己】

( 代 )
反照代名詞。その人自身、またはその物自体をさす。自分。自分自身。 「 -の分を心得る」 「白き花ぞ-ひとりゑみの眉開けたる/源氏 夕顔
一人称。卑下の意を込めて用いることが多い。 「 -は五条西洞院のほとりに候ふ翁に候ふ/宇治拾遺 1
二人称。目下の人に対して、または相手を見下し、ののしっていう時に用いる。お前。きさま。 「かく賤しき-がもとにしばしおはしつるなり/竹取」
( 副 )
ひとりでに。自然に。 「松の木の-起きかへりて/源氏 末摘花
( 感 )
怒りや悔しさを表す語。 「 -、よくも裏切ったな」

おら【己】

( 代 )
一人称。おれ。おいら。 「 -が所のかかさんときちやあ/滑稽本・浮世風呂 2」 〔男性が用いるぞんざいな言い方の語であるが、近世江戸語では町人の女性も用いた〕

き【己】

十干の第六。つちのと。

つちのと【己】

〔「土の弟」の意〕
十干じつかんの第六。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

己の関連キーワード乎己止点・乎古止点・遠古登点ととけっこう よがあけたまて まて まて唯心の弥陀聚楽行幸記三教一致論己身の弥陀反照代名詞已己巳己高瀬神社慶長条約目っける浮世風呂莫告藻の都農神社三条実秀浮世草子砥鹿神社大己貴神事任神社

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

己の関連情報