コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反流 はんりゅう

大辞林 第三版の解説

はんりゅう【反流】

ある海域において、主たる海流と反対方向に流れる海流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反流
はんりゅう
countercurrent

ある海域で卓越している海流と反対方向に流れる弱い海流。大規模、小規模のもの、また卓越海流から水平方向、鉛直方向に離れているもの、などいろいろの種類がある。日本の本州西部の南岸と黒潮の間に反流が存在することがある。赤道反流は大規模な反流の例であり、大西洋のガルフストリーム下の深層の南下流も反流である。[半澤正男・高野健三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android