反発電動機(読み)はんぱつでんどうき(英語表記)repulsion motor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反発電動機
はんぱつでんどうき
repulsion motor

交流整流子電動機の一種。直流電動機と同じ構造をもつ回転子ブラシを通して短絡し,界磁巻線に単相交流電源を接続し,ブラシを移動すると回転子にトルクが発生する。ブラシの移動,または供給電圧によって広範囲の速度制御ができ,起動トルクが大きいが,小出力のものに限られる。出力の割に大型で高価なため,コンデンサモータに置き換えられ,現在はあまり使用されない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反発電動機
はんぱつでんどうき
repulsion motor

整流子をもつ単相交流電動機(単相誘導機)。反発電動機は単相電源で用いる電動機として過去には一部で使われていたが、現在ではまったく使われていない。[森本雅之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android