反社会契約説(読み)はんしゃかいけいやくせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会契約説を否定する理論。社会契約説が盛んであった 18世紀に,早くも生れた。 B.マンデビル,D.ヒューム,A.スミス,A.ファーガソンなどがこの系譜に属しており,その共通した論拠は次のとおりである。 (1) 自由意志に基づく契約の観念は原始人の知力をはるかにこえたものである。 (2) 原始契約が行われたという証拠はどこにも見当らない。かりにそれが行われたとしても,それによって子孫が拘束されることはありえない。 (3) 歴史をみると,最初の政府は契約ではなく,むしろ暴力によって樹立されている。要するに,社会契約説の非歴史性,仮構性が批判されたのであり,以後の社会契約説はフィヒテカントのように論理的仮説としてのみ提示されることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android