コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口を過ごす クチヲスゴス

2件 の用語解説(口を過ごすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

口(くち)を過ご・す

生計を立てる。口を糊(のり)する。
「親子四人の―・して行くばかりも容易でない」〈小杉天外・初すがた〉
余計なことをしゃべる。
「弁説にまかせ―・しける乞食」〈咄・露がはなし・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くちをすごす【口を過ごす】

言わなくてもよいことを言う。余計なことを言う。言いすごす。 「兄弟子に口過ごす涎よだれくりめを/浄瑠璃・菅原」
生計をたてる。 「われ鍋にとぢ蓋の女夫めおとが-・しかね/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口を過ごすの関連キーワード八雲勤・権・言砂山チェリーテーマ花菱不語ご・つ《独立宣言――政治思想史の一研究》

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone