口上看板(読み)コウジョウカンバン

大辞林 第三版の解説

こうじょうかんばん【口上看板】

歌舞伎などの興行で、興行内容や出演者など、座元の口上を記した看板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうじょう‐かんばん コウジャウ‥【口上看板】

〘名〙 芝居看板の一つ。座元の口上書を記したもの。興行の開演や俳優の出勤などの事情、新下り俳優の芸名の披露などに用いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の口上看板の言及

【口上】より

…江戸期には,浄瑠璃所作事の開幕に際して,幕前で太夫連名と役割を披露する口上があり,また一幕目終了時にも二番目の口上が行われた。劇場表には,その興行の趣旨を記した〈口上看板〉が掲げられた。人形浄瑠璃では現在でも,上演に先立ち,浄瑠璃名題,太夫,三味線,人形遣いを紹介する口上が行われている。…

※「口上看板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android