出勤(読み)しゅっきん

精選版 日本国語大辞典「出勤」の解説

しゅっ‐きん【出勤】

〘名〙
① 勤めに出ること。また、勤めていること。
※虎寛本狂言・武悪(室町末‐近世初)「明日は出勤をもするかと思うて居れば日に増し不奉公が度重て」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「其娼妓といふのは恰ど一月前に、出勤(シュッキン)をしたばかりで、殊に地方者(いなかもの)だといふ話ヨ」
② 芝居に出演すること。
※歌舞妓事始(1762)凡例「又古は苗氏なく名のみにて出勤(シュッキン)の役者あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android