コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口底蜂窩織炎 こうていほうかしきえんphlegmon of the mouth floor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口底蜂窩織炎
こうていほうかしきえん
phlegmon of the mouth floor

口底フレグモーネともいう。口腔底に起る急性化膿性炎症。発熱,痛み,開口障害が起り,口腔底がはれ上がる。大多数が虫歯,歯肉疾患に続発するが,唾石,唾液腺の化膿,扁桃炎などからも生じる。声門水腫気管支炎,肺炎,敗血症などを併発して死亡することがあって,ルードウィッヒ・アンギーナと恐れられてきたが,近年は化学療法の発達により激減した。治療は安静,湿布,化学療法をまず行い,膿瘍を形成すれば切開して排膿する。呼吸困難の場合には気管切開が必要となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報