コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口語法調査報告書 こうごほうちょうさほうこくしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口語法調査報告書
こうごほうちょうさほうこくしょ

国語調査委員会編。上下2冊。 1906年刊。口語法調査の第1期事業として,標準語制定のために 1903年に 38項目を選び,各府県に調査を依頼したその結果の報告書。各項目について県ごとに報告を列記している。県からの報告には不備,不正確な点もあるが,初めての全国的調査であり,本書によって口語法分布の大略が明らかになった。特に,かりに東西両方言に2分するときは,ほぼ越中・飛騨・美濃・三河の東境に沿って境界線を引くことができるとする東西方言境界線は有名で,その後の方言区画説に大きな影響を与えた。付録として『口語法分布図』が出ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

口語法調査報告書の関連キーワード国語調査委員会亀田次郎

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android