コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭志ん生(5代) ここんてい しんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古今亭志ん生(5代) ここんてい-しんしょう

1890-1973 大正-昭和時代の落語家。
明治23年6月5日生まれ。2代三遊亭小円朝,4代橘家円喬(たちばなや-えんきょう),初代柳家小さんらにまなぶ。改名16回をへて,昭和14年5代志ん生を襲名。天衣無縫といわれる芸で,戦後は8代桂文楽とならび称される。「火焔(かえん)太鼓」「三枚起請(きしょう)」などを得意とした。昭和48年9月21日死去。83歳。東京出身。本名は美濃部(みのべ)孝蔵。
【格言など】「今に見てろッ」てえ気持ちがあるから(中略)ですからこんなドン底の生活の中だって,メソメソしたところはない。家ン中ァ案外落ちついたものでしたよ(「私をささえた一言」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古今亭志ん生(5代)の関連キーワード造船業秋山清[各個指定]芸能部門神代辰巳沢渡朔社会民主党(ドイツ)ドイツ映画改良主義[各個指定]工芸技術部門ポセイドン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android