コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭志ん生(5代) ここんてい しんしょう

1件 の用語解説(古今亭志ん生(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古今亭志ん生(5代) ここんてい-しんしょう

1890-1973 大正-昭和時代の落語家。
明治23年6月5日生まれ。2代三遊亭小円朝,4代橘家円喬(たちばなや-えんきょう),初代柳家小さんらにまなぶ。改名16回をへて,昭和14年5代志ん生を襲名。天衣無縫といわれる芸で,戦後は8代桂文楽とならび称される。「火焔(かえん)太鼓」「三枚起請(きしょう)」などを得意とした。昭和48年9月21日死去。83歳。東京出身。本名は美濃部(みのべ)孝蔵。
【格言など】「今に見てろッ」てえ気持ちがあるから(中略)ですからこんなドン底の生活の中だって,メソメソしたところはない。家ン中ァ案外落ちついたものでしたよ(「私をささえた一言」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古今亭志ん生(5代)の関連キーワード造船業ドイツ映画ポセイドン浅草あべ静江誠直也バビル2世自動車工業中南米映画扶養義務

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone