コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天衣無縫 テンイムホウ

デジタル大辞泉の解説

てんい‐むほう【天衣無縫】

[名・形動]《「霊怪録」による》
天人の衣服には縫い目のあとがないこと。転じて、詩や文章などに、技巧のあとが見えず自然であって、しかも完全無欠で美しいこと。また、そのさま。「天衣無縫な(の)傑作」
天真爛漫(てんしんらんまん)なこと。また、そのさま。「天衣無縫に振る舞う」
九連宝灯(チューレンパオトウ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんいむほう【天衣無縫】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「太平広記女仙」より。天女の衣には縫い目がないということから〕
詩歌などにわざとらしさがなく自然に作られていて、しかも美しいこと。
性格が無邪気で飾り気がない・こと(さま)。天真爛漫てんしんらんまん。 「 -な人柄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天衣無縫
てんいむほう

天女の衣服にはい目などといった人の手が施されていないとの意で、詩文などが流れるように自然で、技巧が目につかず、すこしの抵抗も感じないことをいう。『霊怪録』に、郭翰(かくかん)という人が、ある夏の夜、庭に寝転んで空中を見ていると、織女が天下ってきたので、よくよくその着衣を見てみると、縫い目がまったくない。そこでそのわけを尋ねると、織女が「天衣はもともと針と糸(針線)でつくったものではない」と答えたとある、による。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天衣無縫の関連キーワードアインシュタイン(Albert Einstein)市村 羽左衛門(15代目)ビックス バイダーベックチャーリー パーカー古今亭志ん生(5代)茂山千作(4世)シャドウ・リュウ辰巳 柳太郎北大路魯山人古今亭志ん生モンゴメリー加藤唐九郎枠にはまる親鸞(僧)戦争と平和西脇順三郎ヤーノシュ久留島義太熊木公太郎山下 清

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天衣無縫の関連情報