コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天衣無縫 テンイムホウ

3件 の用語解説(天衣無縫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんい‐むほう【天衣無縫】

[名・形動]《「霊怪録」による》
天人の衣服には縫い目のあとがないこと。転じて、詩や文章などに、技巧のあとが見えず自然であって、しかも完全無欠で美しいこと。また、そのさま。「天衣無縫な(の)傑作」
天真爛漫(てんしんらんまん)なこと。また、そのさま。「天衣無縫に振る舞う」
九連宝灯(チューレンパオトウ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんいむほう【天衣無縫】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「太平広記女仙」より。天女の衣には縫い目がないということから〕
詩歌などにわざとらしさがなく自然に作られていて、しかも美しいこと。
性格が無邪気で飾り気がない・こと(さま)。天真爛漫てんしんらんまん。 「 -な人柄」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天衣無縫
てんいむほう

天女の衣服には縫い目などといった人の手が施されていないとの意で、詩文などが流れるように自然で、技巧が目につかず、すこしの抵抗も感じないことをいう。『霊怪録』に、郭翰(かくかん)という人が、ある夏の夜、庭に寝転んで空中を見ていると、織女が天下ってきたので、よくよくその着衣を見てみると、縫い目がまったくない。そこでそのわけを尋ねると、織女が「天衣はもともと針と糸(針線)でつくったものではない」と答えたとある、による。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天衣無縫の関連キーワード天・地・人逆鉾親密線形動物不審無窮愉快力不足選りに選る松竹梅 天

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天衣無縫の関連情報