コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代紫 こだいむらさき

色名がわかる辞典の解説

こだいむらさき【古代紫】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ」としている。一般に、日本古来のくすんだイメージの紫をさす。近世の江戸紫京紫に対して、このように呼んだ。江戸紫より少しみが強く、京紫より少し暗い。ムラサキ科ムラサキソウの根である紫根しこんで染色した色に近いという意味合いで、必ずしも紫根で染めた色だけをいうのではないとされる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こだい‐むらさき【古代紫】

薄赤みを帯びた紫色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こだいむらさき【古代紫】

くすんだ鈍い紫色。灰色がかった深い紫色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古代紫の関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古代紫の関連情報