コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半襟 はんえり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半襟
はんえり

削 (そぎ) ともいう。襦袢 (じゅばん) などの襟の上に装飾を兼ねて縫いつけた襟。もと本襟と同じ長さのものを長襟と呼んだのに対する。江戸時代に盛んで,男性用は黒地,女性用は冬と夏で異なり,また儀式用には無地の白紋織に金糸銀糸で刺繍したものも用いるようになった。その後,季節と用途で異なるが,男物は黒か無地の羽二重八丈織が多く,女物には縮緬 (ちりめん) ,紋縮緬,紋絽なども使われるようになった。半纏 (はんてん) や夜具角巻にも繻子ビロードなどを半襟として用いることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐えり【半襟】

掛け襟の一。飾りとしてジュバンの襟の上に重ねて掛ける襟。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんえり【半襟】

掛襟の一種で,汚れを防ぐために半じゅばん,長じゅばんの襟にかけて用いる幅15cm,長さ90cmの小布。江戸時代中期ころから行われ,刺繡(ししゆう)や絞りなどの半襟も現れた。明治から大正にかけてその華麗な装飾性が和服美を引き立てることから大いに好まれた。現在は着物が華美となり,帯位置が高くなり半襟をわずかしか見せない着付のため,礼装から普段着にいたるまで白の塩瀬羽二重が主となっている。夏には絽(ろ),紗(しや),麻があるが,正絹よりも交織化繊が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんえり【半襟】

かけ襟の一。飾りや汚れを防ぐ目的で、襦袢ジバン・長襦袢の襟の上に重ねてかける襟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の半襟の言及

【襟∥衿】より

…さらにその上に補強や,汚れを防ぐためと美的効果をねらった掛襟(かけえり)が生まれた。古くは輪(りん),江戸時代には削襟(そぎえり)とも呼ばれた今日の半襟,長着の共襟である。伊達襟(だてえり)は当初,長着にかけた別布の派手な掛襟をさしたが,江戸中期ごろ,それまでふだん着用であった共襟が晴着にもかけられるようになり,明治時代以降失われた黒繻子の掛襟も伊達襟のなごりである。…

【装身具】より

…またネックレスや指輪も普及し,これらも和装の中でも使用されるようになる。一方,着物では帯や襟などの部分にアクセントをおき,帯揚,帯締,半襟,羽織紐などが,装身具としてもくふうされ,ことに絽(ろ)や縮緬(ちりめん)地に刺繡を施した半襟は,明治から大正にかけて普及し,そのデザインが流行の指標とさえなった。男性では洋装化がすすみ,印籠やタバコ入れなどはすたれ,新たに時計,指輪,ステッキ,洋傘,帽子などが,装身具としての位置を占めるようになった。…

※「半襟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半襟の関連キーワード長じゅばん(長襦袢)掛け襟・掛襟・掛け衿京和装小物の日縫い・繍・繡水野 仙子1月15日奥村五百子市が栄えた全紡縮緬小柳繻子梨子地織水野仙子紋羽二重半襟の日出過ぎる削ぎ襟長襦袢桃割れサテン訪問着

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半襟の関連情報