江戸紫(読み)えどむらさき

色名がわかる辞典の解説

えどむらさき【江戸紫】

色名の一つ。JISの色彩規格では「こい青みの」としている。一般にもみがかった紫色をいう。江戸時代、武蔵野に自生するムラサキ科ムラサキソウを使って江戸で染めたことから、この名がついた。赤みが強い京紫に対して、青みの強いのが特徴。また、古代紫に対して今いま紫とも呼ばれ、くすんだ古代紫よりも鮮やか。歌舞伎の人気演目『助六由縁江戸桜すけろくゆかりのえどざくら』で、主人公の助六が巻く鉢巻きの色が代表的な江戸紫として知られる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えど‐むらさき【江戸紫】

《武蔵野に生えていたムラサキの根を染料として江戸で染めはじめたところから》藍色の勝った紫色。江戸を代表する染め色とされた。「江戸紫に京鹿(が)の子」
ムラサキの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えどむらさき【江戸紫】

青みがかった紫色。江戸時代に江戸で染め出された。京紫に対していう。 〔一説に、赤みがかった紫色という〕
[句項目] 江戸紫に京鹿の子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸紫
えどむらさき

紫の染め色の一種。紫は赤と青によって構成される間色であるから、単に濃淡のみならず、そのなかに含まれる赤と青の量によって、小豆(あずき)色に近い赤紫から青みの勝った藍(あい)紫(ブルー・バイオレット)まで、種々の色相が現れる。江戸紫はこのなかの後者をさすもので、武蔵野(むさしの)の紫草を用いて藁灰(わらばい)で発色させたものとも、または紫に藍を加えて染め出した色ともいわれるが、明らかではない。歌舞伎(かぶき)『助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)』の助六の用いる鉢巻の色がこれにあたるものであろう。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

江戸紫 (エドムラサキ)

植物。ムラサキ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ムラサキの別称

江戸紫 (エドムラサキ)

植物。キンポウゲ科のクレマチスの園芸品種

江戸紫 (エドムラサキ)

学名:Kalanchoe marmorata
植物。ベンケイソウ科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android