コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京紫(読み)きょうむらさき

色名がわかる辞典の解説

きょうむらさき【京紫】

色名の一つ。やや赤みの強い。江戸時代、新興都市であった江戸の紫に対し、伝統的な京の紫を区別した色名。ややくすんだ古代紫の系統と考えられているが、江戸紫より赤みがかっており、あでやかな色合いである。2010年(平成22)、京福電気鉄道(本社・京都市)の「嵐電らんでん」が開業100周年を記念して車両の色を京紫に塗り替え話題になった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうむらさき【京紫】

赤みがかった紫色。江戸時代、京都で染め出された。 〔一説に、青みがかった紫色とする〕 → 江戸紫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

京紫の関連情報