古宮(読み)フルミヤ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐みや【古宮】

古い宮殿。年を経た御殿。
「この―の梢は、いとことにおもしろく」〈総角
年老いて世間から忘れられた親王。
「そのころ、世に数まへられ給はぬ―おはしけり」〈橋姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるみや【古宮】

古い宮殿。また、かつての宮殿。 「此の-の梢こずえはいと、ことにをかしう、おもしろく/源氏 総角
世間から忘れられた皇族。 「その頃世にかずまへられ給はぬ-おはしけり/源氏 橋姫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふる‐みや【古宮】

〘名〙
① 以前に使われて、今は使われていない御殿。
※書紀(720)天武一四年九月(北野本南北朝期訓)「天皇、旧宮(フルミヤ)の安殿(あむとの)の庭(おほは)に宴(とよのあかりきこしめ)す」
② 年をへて古び、忘れられたような宮殿。
源氏(1001‐14頃)総角「空をのみ眺め給ふに、此のふる宮の梢は、いと殊におもしろく」
③ 年をとって世間から忘れられた皇族。ふるみこ。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「その頃、世にかずまへられ給はぬふる宮おはしけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古宮の関連情報