コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋圭司 ふるや けいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋圭司 ふるや-けいじ

1952- 平成時代の政治家。
昭和27年11月1日生まれ。元自治相・古屋亨の甥で養子。大正海上火災(現・三井住友海上火災保険)勤務をへて,昭和59年安倍晋太郎秘書。のち義父の秘書をへて,平成2年衆議院議員初当選(当選9回,自民党)。自民党国対副委員長,衆議院の商工委員長,文部科学委員長などをつとめたが,17年郵政民営化関連法案に反対し,自民党を離党。翌18年復党。24年第2次安倍内閣で国家公安委員長,拉致問題担当,国土強靭化担当,内閣府特命担当相(防災)として初入閣。東京都出身。成蹊大卒。旧姓は松本。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古屋圭司の関連キーワード三井住友海上火災保険

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古屋圭司の関連情報