コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋圭司 ふるや けいじ

1件 の用語解説(古屋圭司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋圭司 ふるや-けいじ

1952- 平成時代の政治家。
昭和27年11月1日生まれ。元自治相・古屋亨の甥で養子。大正海上火災(現・三井住友海上火災保険)勤務をへて,昭和59年安倍晋太郎の秘書。のち義父の秘書をへて,平成2年衆議院議員初当選(当選9回,自民党)。自民党国対副委員長,衆議院の商工委員長,文部科学委員長などをつとめたが,17年郵政民営化関連法案に反対し,自民党を離党。翌18年復党。24年第2次安倍内閣で国家公安委員長,拉致問題担当,国土強靭化担当,内閣府特命担当相(防災)として初入閣。東京都出身。成蹊大卒。旧姓は松本。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古屋圭司の関連キーワード矢野絢也内山秀夫桜内義雄佐々木毅多賀谷真稔千田謙蔵原田鋼川人貞史斉藤鉄夫佐藤勉(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古屋圭司の関連情報