コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋蜂城 ふるや ほうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋蜂城 ふるや-ほうじょう

1765-1852 江戸時代中期-後期の漢学者,書家。
明和2年生まれ。古屋真章(さねあき)の養子。加賀美光章(みつあき)にまなび,寛政元年蜂城塾をひらいた。書は陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士糟谷幸造にまなんだ。嘉永(かえい)5年8月16日死去。88歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。本姓は志村。名は希真。字(あざな)は修之。通称は専蔵。著作に「四書字引捷径(しょうけい)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古屋蜂城の関連キーワード古屋周斎漢学者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android