コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋蜂城 ふるや ほうじょう

1件 の用語解説(古屋蜂城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋蜂城 ふるや-ほうじょう

1765-1852 江戸時代中期-後期の漢学者,書家。
明和2年生まれ。古屋真章(さねあき)の養子。加賀美光章(みつあき)にまなび,寛政元年蜂城塾をひらいた。書は陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士糟谷幸造にまなんだ。嘉永(かえい)5年8月16日死去。88歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。本姓は志村。名は希真。字(あざな)は修之。通称は専蔵。著作に「四書字引捷径(しょうけい)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古屋蜂城の関連キーワード中野碩翁河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア海里科学史ビルマ戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone