コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋蜂城 ふるや ほうじょう

1件 の用語解説(古屋蜂城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋蜂城 ふるや-ほうじょう

1765-1852 江戸時代中期-後期の漢学者,書家。
明和2年生まれ。古屋真章(さねあき)の養子。加賀美光章(みつあき)にまなび,寛政元年蜂城塾をひらいた。書は陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士糟谷幸造にまなんだ。嘉永(かえい)5年8月16日死去。88歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。本姓は志村。名は希真。字(あざな)は修之。通称は専蔵。著作に「四書字引捷径(しょうけい)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古屋蜂城の関連キーワード羅城岸貞江交寛美三鍼谷衛量樗雲津田外記蘭室渡辺昌倫田阪灞山

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone