古屋蜂城(読み)ふるや ほうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋蜂城 ふるや-ほうじょう

1765-1852 江戸時代中期-後期の漢学者,書家。
明和2年生まれ。古屋真章(さねあき)の養子加賀美光章(みつあき)にまなび,寛政元年蜂城塾をひらいた。書は陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)藩士糟谷幸造にまなんだ。嘉永(かえい)5年8月16日死去。88歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。本姓は志村。名は希真。字(あざな)は修之。通称は専蔵。著作に「四書字引捷径(しょうけい)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android