コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋真章 ふるや さねあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋真章 ふるや-さねあき

1729-1806 江戸時代中期-後期の国学者。
享保(きょうほう)14年生まれ。古屋蜂城(ほうじょう)の養父。甲斐(かい)(山梨県)浅間神社の神職加賀美光章にまなび,本居宣長(もとおり-のりなが)序の「神代巻古訓考(じんだいのまきこくんこう)」をあらわした。文化3年3月17日死去。78歳。字(あぎな)は秀明。通称は日向。号は君洞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古屋真章の関連キーワード国学者享保

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android