コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川高晴 ふるかわたかはる

2件 の用語解説(古川高晴の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

古川高晴

男子アーチェリー選手。1984年8月9日、青森県生まれ。青森東高校時代にアーチェリーを始め、3年次の2002年に高知国体で優勝。03年に近畿大学に進学し、1年次より全日本王座決定戦メンバーに入る。2年次の04年にはアテネ五輪に出場し、個人で2回戦進出、団体で8位の記録を残す。08年の北京五輪では1回戦で敗退するも、12年のロンドン五輪では個人戦で銀メダルと大きく躍進した。アーチェリー男子個人でのメダル獲得はアテネ大会銀の山本博以来の快挙。

(2012-08-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川高晴 ふるかわ-たかはる

1984 平成時代のアーチェリー選手。
昭和59年8月9日生まれ。青森東高でアーチェリーをはじめ,高校3年の平成14年世界ジュニア選手権に出場。同年の国体で個人優勝。近畿大2年の16年アテネ五輪代表となり,団体で8位入賞,個人は2回戦敗退(16位)。19年世界選手権の個人で11位。20年北京五輪に出場。24年ロンドン五輪代表となり,団体(古川高晴・菊地栄樹石津優)で6位入賞,個人で銀メダルを獲得した。27年川中香緖里と組んだ上海でのワールドカップ(W杯)混合で決勝進出。近畿大職員。青森県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古川高晴の関連キーワードチェリーチェリーナチェリーネ早川浪林勇気国際アーチェリー連盟全日本アーチェリー連盟ベアボウアーチェリー八節フルドロー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古川高晴の関連情報